ガラス化学強化装置 Chemical strengthening machine
複雑な形状や薄型、小寸法のガラス強化が
可能な化学強化炉です

化学強化ガラスとは

化学強化とは風冷強化とは違い、ガラスを溶融塩に浸漬しイオン交換することにより強化する手法です。
硝酸カリウム(KNO3)の溶融塩(400℃~450℃)に浸漬する事により、Na+イオンとK+イオンがイオン化傾向の違いにより置換されます。
置換されたイオンは体積の違いからガラス表面に圧縮応力を発生させ強化ガラスとなります。
一般的な風冷式に比べて複雑な形状のガラスや薄型、小寸法ガラスの強化が可能で、軟化変形、反り等が発生しません。

特徴

  • 全ての工程が自動化されているため、作業員1名で管理可能
  • 薬液の温度分布を最小化(±1.5℃)、応力値のバラツキが非常に少ない
  • お客様の要望に応じた装置設計が可能

主な使用用途

  • スマートフォン用カバーガラス
  • タブレットPC用カバーガラス
  • タッチパネル
  • 光ディスク、磁気ディスク

その他取り扱い関連設備

■加熱式ガラス曲げ成形装置

詳しくはコチラ
  • 車載用インストルメントパネルのカバーガラスをはじめ、様々な用途のガラス曲げ加工を行う事が可能です。

お問い合わせ

※化学強化装置に関するお問い合わせは、こちらのフォームよりご送信ください。
必須」の欄は送信前のご入力が必須となっております。

社名
ご担当者名
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ内容

以下個人情報保護方針をご一読の上、 同意いただける方はチェックを入れて次へお進みください。

個人情報保護に対する基本方針
クレストテクノロジーズ株式会社 代表取締役社長 藤川 雄也
1.基本方針
個人情報は個人の重要な財産である。クレストテクノロジーズ株式会社で業務に従事する全ての者は、個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムを遵守し、個人情報を正確且つ安全に取り扱うことにより、お客様の情報を守り、その信頼に応えなければならない。
2.個人情報に関するコンプライアンス・プログラムの目的
事業の内容・規模を考慮して、適切な個人情報の収集及び利用の基準と、これを運用する規程とする。 個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改竄及び漏洩などが起こらないようにするための行動規範と適正な保護対策及び是正に関する具体的ルールを定める。
3.組織活動
基本方針を具体化するため以下の活動を行なう。 役員及び全ての従業者は、個人情報に関する法令及びその他の規範を遵守する。 個人情報保護管理者を選任し、コンプライアンス・プログラムの実施及び運用に関する責任及び権限を与え、業務を行なわせる。 システム監査責任者を選任し、システム監査を実施する。 システム監査に基づき、社内の規定、運用の仕方を改善する。 取引のある企業及び個人に対し、規程の目的達成のための協力を要請する。 本基本方針は、弊社のインターネット・ホームページURL=http://www.crest-t.co.jpに掲載することにより、いつでも閲覧可能な状態とする。 コンプライアンス・プログラムは継続的に改善する。
4.個人情報の取扱
(個人情報の取り扱い)個人情報の収集・利用・提供について弊社は個人情報の収集にあたり、その相手に収集の目的を明らかにし、収集 した個人情報の使用範囲を限定し、適切に取り扱う。 (権利の尊重)弊社は個人情報に関する個人の権利を尊重し、自己の個人情報に対し、開示、訂正、削除を求められた時は、合理的な期間でこれに応じる。 (安全対策の実施)弊社は個人情報が社外に流出する、不当に改竄されるなどといったトラブルを引き起こさないように社内規定を整備し、合理的な安全対策を実施する。
5.個人情報保護の取扱に関する苦情・お問合わせ・ご相談窓口
〒451-0045 名古屋市西区名駅二丁目27番8号 名古屋プライムセントラルタワー 8階 クレストテクノロジーズ株式会社 苦情及び相談受付窓口(総務部) 電話:052-566-4555 FAX:052-566-4556 E-mail:info@crest-t.co.jp 受付時間:平日10:00~17:00
6.弊社が保有する個人情報について
弊社は、お問い合わせへの対応やお客様との商談、打合せ等で個人情報を預かります。 客先及び取引先から預かった個人情報に関しましては、上記業務以外では利用いたしません。
(必須)